--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.06
Tue
こんばんは、げいるです。
いきなりですが、静岡から素敵な贈り物が届きました。
yossy’s eggsのyossyさんから!
IMG_4830.jpg
なんと素敵なお茶&羊羹!
ってか、自作タグ付きwww
そして地味にネームドじゃないかw
我が家はお茶大好きですので、めっちゃ嬉しい~。

さっそくいただきましょう。
IMG_4836.jpg
めちゃウマーー!!!
緑茶に和菓子はやはり合うねぇ・・・。
夏場のクソ暑い日だったので冷たい緑茶で頂きました。たまりません!!
Yossyさん、ありがとうございます!!!

さて、今日は用土のお話。
いつも買った葉っぱばかり紹介して、まるで実のない記事ばかり書いてますが、たまにはそれらしい記事書きます。
水草の時も思ったんだけど、これ系の記事は後から振り返るとクソ恥ずかしいんですよねぇ・・・。
それなりに経験積んだ後に、水草の初期の記事とか見ると、「初心者が間違ってる事言ってるわ~w」と苦笑してしまう事があります。
まぁでもそれも試練という事で・・・。

先に言っておきますが、僕の基本育成は水苔中心です。
水分の維持具合が良く、まだ根が未熟な株などには安定して力を発揮してくれる水苔。
無駄に成分なんかも考えなくて済む分、僕のような初心者にはうってつけです。
でも、たまに用土も使うようにしてます。
オリジナル用土を配合する事によって、それぞれの株に合った環境を作る事ができ、かつ上手く栄養供給できれば圧倒的に綺麗な株が作れます。その代わり失敗したら株がダメになってしまうので、やはり上級者向けですね。

では、具体的にどんな感じでやっているかというと・・・。
モデルみんな大好きホマロメナ・マウントベサールさん。
IMG_4849.jpg
株分けしてしばらく経って葉っぱも出てきたこれからの株。
やはり株分け後の養生は水苔推奨だと思います。

なお、親株。
IMG_4850.jpg
結構美しく仕上がってると思いますが、もっと綺麗にできるはずです。
葉の大きさがバラバラだったり、一方に間延びしていたり・・・。(いやこれ用土以外も原因だろうな)

とりあえず綺麗な株を作りたいという事で、先ほどの子株を水苔から出します。
IMG_4851.jpg
う~ん、根張りはそこそこ・・・。
はっきり言ってこれからでしょうね。
もう少し水苔で養生した方がいいような気もしますが、めんどくさいので植替えで!
だって現地は土だろ!甘えてるんじゃない!!(先ほどの養生云々のくだりは無視で・・・)

植替え時には用土レンジャー登場!
IMG_4853.jpg
我が家が誇る、スペシャリスト集団です!

そしてこれらの精鋭を束ねる隊長・・・!!
IMG_4855.jpg
アマゾニア
前任者ゴールデン培養土氏の後を引き継ぎ、就任された隊長。
理由は単純にソイルの方が培養土より水に強いからです。
栄養とかは良く知りませんw
比率的にはこれが一番大きくなります。

ここからはブレンドする他の用土の紹介(解説はほぼコピペw)

赤玉土
IMG_4859.jpg
火山灰が積み重なってできた「赤土」を乾燥させた土
肥料成分がないため虫や菌が寄り付かない清潔な土で、水はけ、水もち、肥料もちがよい
配合用土の基本にしやすい土でpH5~6の弱酸性。
ただ、崩れやすく水はけが悪くなるので、定期的に植え替えが必要。

鹿沼土
IMG_4861.jpg
鹿沼土は、「黄色みを帯びた白色の粒状、肥料成分を含んでいない、粒が硬く崩れにくい、水はけと水もちのバランスがよい」という特徴があります。水を含むと、黄色が強くなります。鹿沼土のpHは4~5。
水を含んだときと、乾燥したときで土の色が明らかに違うことから、水のやりすぎや水不足を判断しやすいこともメリットです。

バーミキュライト
IMG_4858.jpg
バーミキュライトとは、酸化ケイ素、酸化マグネシウム、酸化アルミニウムを主成分とする鉱物です。
薄い層が積み重なった構造をしており、水や空気を通しやすい特徴があります。酸素不足になってしまった土に加えることで、土の排水性を改善させる効果があります。
pHはほぼ中性で、無菌なことから、病気や害虫に侵されやすい発芽や挿し木などの土として最適です。

桐生砂
IMG_4860.jpg
桐生市周辺で産出される山砂。多孔質な火山砂礫(かざんされき)が風化したもので、硬くて崩れ難い。
phは6~7。鉄分を多く含んでいて、通気性・保水性に優れている。

ゼオライト
IMG_4862.jpg
ゼオライトとは、火山灰が固まってできた岩石グループの総称です。防臭、有害物質吸着、土壌改良、水質浄化といったさまざまな効果を発揮します。また、根腐れ防止剤としてよく使われます。吸着作用によって水を浄化するため、雑菌の繁殖や腐敗を防ぎます。

くん炭
IMG_4863.jpg
籾殻を400度以下の低温でいぶし、炭化させたものが籾殻くん炭となります。土に混ぜ込むことでフカフカになり、水もちがよくなります。また、表面にたくさんの細かい穴が空いていることから、通気性や水はけをよくする効果も期待できます。
植物の灰には、炭酸カリウムや炭酸ナトリウムが豊富に含まれ、水に溶かすと強いアルカリ性になります。この性質を活かして、酸性の土壌を中性~アルカリ性に傾ける働きがあります。根腐れ対策としても使われます。


といった用土達を、いい感じの配合でこのげいるシェイカーに入れます。
作り置きしないのは鉢ごとに配合を変えたいから。
というか、まだ自分なりの配合が確立されてないからw
IMG_4854.jpg
あとは振るだけ!!
そうそう、さっきの保管容器もそうですが、用土を扱う容器はスクリューパックのフタにしましょう。
自分はフタの緩い容器で部屋にぶちまけた事がありますww

シャカシャカ振ってオリジナル用土完成!
IMG_4856.jpg
厳密にやるなら全部混ぜないで、ちゃんと層を作って植えるのが良いはずです。
自分はそんな知識も無いのでごちゃ混ぜですがw

忘れちゃいけない軽石。
IMG_4852.jpg
用土だろうと水苔だろうと軽石は必須。
なんでもいいから軽石は必須。
軽石無しでやって過去に痛い目に遭いましたw

葉っぱを固定してザザーっと植えます。
IMG_4857.jpg
用土の配合や植えた日なんかをタグで書いておくと、後から便利ですよ。
あぁ~・・・。写真で企業秘密の配合がバレる~と思ったけど、字が汚くて読めないですね。
ぶっちゃけバレても実験中なので何ら問題ありませんがw

用土については分からない事だらけなので、本当に手さぐりですね。
この土はこうだよ~とかいう情報があったら是非教えて欲しいです。

色んなパターンの用土でセッティングしたので、その結果はまたいつか・・・。
スポンサーサイト
comment 12
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。